簡単に儲けよう!大学生FX!

大学生の裕樹が送るFX生活のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- -- | スポンサー広告
permalink
良い円高 悪い円高―日本経済を変える投資家の反乱
良い円高 悪い円高―日本経済を変える投資家の反乱
リチャード クー
良い円高 悪い円高―日本経済を変える投資家の反乱
定価: ¥ 1,631
販売価格:
人気ランキング: 147041位
おすすめ度:
発売日: 1994-07
発売元: 東経
発送可能時期:

少々古いが学ぶところは多い
野村総研のアナリスト,リチャード・クー氏の12年前の円高が進んだ時期の著作.しかしながら,現在読んでも古さを感じさせず,学ぶ点が多い.確かに,その後の小泉政権により,規制の緩和が進み,市場開放が進んだかに見える.しかし,その根本構造は変化してない.
円高には,2種あり,円高で内外格差が維持されたままか,拡大しているとしたらそれは悪い円高であり,内外格差が縮小していれば,すなわちファンダメンタルズの上昇が見られる状況であれば,それは良い円高だといえる.当時「良い円高・悪い円高」というのは,一つの流行語のようになった.
1985年のプラザ合意で円高が進みながらも,バブル期には国内需要も一時伸びて影響は薄れたが,バブルが弾けると国内の需要は冷え込んでいった.そんな中で,日本の企業が輸入によって稼ぎ出したドルの行き場がなくなり,結局は円高に振れていった.特に本書発刊後で,阪神大震災,サリン事件の頃,1995年4月には80円にまで達した.その根本の原因は,国内の需要を伸ばす努力をしてこなかったから.いつまでたっても外国の企業が入り込みにくい非関税障壁が残り,従ってドルの外へのはけ口がなく,庶民の生活に豊かさが一向にやってこない.そんな蛸壷に入っていた90年代前半の日本経済から,90年代の終わりから少しづつ市場の開放は進んでいる.特に小泉政権での一見華やかな市場の動きがあるかのように見えるが,実際には綿々と進んでいない.

また,投資家の視点というフレーズが繰り返し出てくるが,同じ投資家の権利を振りかざしつつ,単なる目先の利益追求だけの怪しげなファンドが跋扈する今の時代においても,新鮮さを保っているように思える.

ところで,クー氏,実は多趣味であることがこの本のtipsからもわかる.前からライカなどドイツのカメラ好きであることは知られていたが,実はプラモデルマニアであり,また,大学を卒業した後は,台湾でピアノ組み立てキットの会社でマニュアルを書いていたり,クラフトマンの香りのするエコノミストである.必ずしも彼の論には賛同できないが,ちょっとは親しみを抱くことができた.


私の読書メモ
円高はなぜ起こる?投機的な動きと片づけていいの?

円高は輸入<輸出でおきる。
いい円高は、その均衡を輸入の増加でとる。

悪い円高は、その均衡を輸出の減少でとる。
というのがあらすじ・・・?

農業も円高とは無縁でない。
一ドル50円(2005末)という予想をする知人もいる。

日本に製造業は残れないのか・・・?

為替の入門書
外国為替の世界は、独特の用語や雰囲気があるため
 づきにくいものがある。
円高なのか、ドル安なのかも
素人からすれば同じ事象の問題についても
それぞれに意味があるものである。
本著は、為替の世界とはどういったものなのか
イントロダクションとしての、非常に価値の高い一冊である。
本著を読まれた後に
船橋洋一氏の「通貨烈々」(吉野作造賞受賞)を
読まれることをお薦めしたい。

スポンサーサイト



thema:子どもの本 genre:本・雑誌
2009/12/02 Wed | ユーロ
permalink
| home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。